So-net無料ブログ作成
広告スペース

カーネーション あらすじ 第11週

ある日、八重子(田丸麻紀)がモンペ教室を
訪ねて来ます。


八重子はただ、ひたすらモンペを作っています。


八重子は帰る前に泰蔵(須賀貴匡)が出征
することを告げます。

そして、見送りにきてほしいと言います。

泰蔵(須賀貴匡)の出征の日。

糸子は見送りに向かい、善作も無理を
おして見送りに行き、力の限りの万歳を
して倒れます。

そこには物陰から泰蔵の出征を見送る奈津
(栗山千明)もいます。


善作は泰蔵を見送ってから弱っていましたが、
糸子は必ず治してみせると決意、仕事と
子育てに打ち込みます。


ようやく回復してきた善作(小林薫)。

そこへ友人の木岡(上杉祥三)が温泉旅行
の話しを持ってきます。

心配しながらも糸子は国民服を新調し、
酒を持たせて送り出します。

その夜、善作危篤の電報が届きます。


危篤の電報なんて、一度も経験したことはありません。

それも父親の危篤だなんて・・・・

これからどうなるのか?
ますます、目が離せないカーネーションです。

★温泉旅行に関連する商品を楽天市場で探す★

カーネーション あらすじ 第11週

そんな混乱した中を、善作の見舞いに神戸の
祖父母がやって来ます。

TANNKA 短歌 [黒谷友香/黄川田将也...

TANNKA 短歌 [黒谷友香/黄川田将也...
価格:2,980円(税込、送料別)


三女の名前は聡子に決まります。
清三郎(宝田明)が名づけ親です。

こうして、小原家はやっと穏やかな時間を
過ごすことが出来るようになります。

祖父母の帰り際、糸子は貞子(十朱幸代)が
はいているもんぺが目に入ります。

上等な着物で作ったおしゃれなモンペです。

糸子はひらめきます。

着物でモンペを作り、着物に戻せる
方法を考えます。

そんなもんぺ作りの教室を開くと最初に
訪れたのはサエ(黒谷友香)。

サエをはじめもんぺ教室に来た女たちは、
鮮やかなモンペを作ります。

オハラ洋装店のもんぺ教室はまた
大ヒットします。

★黒谷友香さんに関連する商品を楽天市場で探す★

カーネーション あらすじ 第11週

カーネーション あらすじ 第11週は
「切なる願い」です。


カーネーションの今週の花はカスミソウ。
花言葉は「切なる願い」です。



昭和18年1月の夜中。

善作(小林薫)は誤って、火鉢に油の瓶を
落とし火事になります。

糸子(尾野真千子)は身重の体でおおやけどを
負った善作を病院に運び込みます。

善作は命を取りとめますが、絶対安静。

糸子は家の後片づけの最中に陣痛が始まり、
その日の内に三女を産みます。

やけどを負った善作(小林薫)の世話は千代
(麻生祐未)では、思い通りにいきません。

糸子は仕事と幼い子ども三人の世話とそのうえ
善作の看病まですることになり、
さらに忙しくなります。



正月早々、善作の大やけど。

大変な正月になってしまいました。

幸いに命を取り留めました。

さあ、大忙しの糸子です。

★やけどに関連する商品を楽天市場で探す★
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。