So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

カーネーション あらすじ 第1週

神戸の祖母・貞子(十朱幸代)が送って
くれたドレス。

糸子(二宮星)は近所のおばちゃんの
ところへ持っていきます。


するとおばちゃんはアッパッパなら簡単に
作れることを教えてくれます。

糸子はすぐに祖母ハル(正司照枝)から
サラシをもらって、アッパッパ作り
にとりかかります。

やっとのことでアッパッパが縫い
上がったのは夜中。

得意満面の糸子に、さすがに善作
(小林薫)も感心します。

このことがあって、すっかり裁縫に魅了された
糸子は神戸の祖父清三郎(宝田明)らに
裁縫で作った物を送りだします。

そして、3年が経った昭和2年。

糸子(尾野真千子)は14歳の女学生です。

★NHKカーネーションに関連する商品を楽天市場で探す★

カーネーション あらすじ 第1週

カーネーション あらすじ 第1週「あこがれ」、
第5回は10月7日(金)放送です。


糸子(二宮星)は父・善作(小林薫)に殴られてから、
女に生まれてきたことにへこんでいます。


ひとに気づかれないように、泰蔵(須賀貴匡)に
だんじりの屋根のせてもらいます。

が、心は晴れません。

そんな時、糸子に神戸の祖母・貞子(十朱幸代)
から小包が届きます。

入っていたのは小さなドレス。

糸子は大喜びしますが、ドレスは小さ過ぎました。

しかし、糸子の心は晴れてきます。

だんじりと違い、ドレスはいつかは手に入る
かも知れないからです。

★十朱幸代さんに関連する商品を楽天市場で探す★

カーネーション あらすじ 第1週

カーネーション あらすじ 第1週「あこがれ」、
第4回は10月6日(木)放送です。

外国人の舞踏会でみた美しいドレス。


目に焼き付いて離れない糸子(二宮星)の
あこがれは強くなるばかりです。

集金に行った菓子屋で万引きをした男子を
つかまえ、お仕置きをする糸子。

ところが、悪ガキはやり返しにきて、河原で
取っ組み合いのけんかになります。

集金したお札が帯の間から落ちて川に流されます。

あわてた糸子は追いかけて溺れかけてしまいます。

近所に住む泰蔵(須賀貴匡)が助けます。

ずぶぬれで帰って来た糸子。

善作(小林薫)は「女が男と張り合おうと思うな」と、
思いきり頬を殴ります。


★須賀貴匡さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

カーネーション あらすじ 第1週

カーネーション あらすじ 第1週「あこがれ」、
第3回は10月5日(水)放送です。

父・善作(小林薫)の言いつけで高級料亭
「吉田屋」に集金に来た糸子(二宮星)。


泣きまねをして同情を買い、首尾よく
集金に成功します。

父・善作が喜ぶのを見て糸子は得意になります。

しかし、善作には女の糸子に商売を教える
気はありません。

正月を迎え、母・千代(麻生祐未)は糸子と
妹たちを連れて実家へ挨拶に行きます。

千代は、祖父・清三郎(宝田明)に借金の
申し入れをするのが目的です。

糸子はいとこと一緒に近所にある洋館を訪れます。
そこでは外国人の舞踏会が行われています。

夢の中にいるように美しいドレスを見て、
糸子は我を忘れてしまいます。

★麻生祐未さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

カーネーション あらすじ 第1週

カーネーション あらすじ 第1週「あこがれ」
第2回は10月4日(火)放送です。


一生糸で食べていけるように。

糸子(二宮星)は学校で名前の
由来を話します。


担任の先生は言います。

将来は嫁として実家の呉服屋を盛りたてろ。

糸子は答えます。

だんじりに乗るために大工になりたい。

これにはみんな笑ってしまいます。

糸子は男子と喧嘩をしたうえに、用務員
に頭突きをします。

担任の先生にひどく叱られますが、
ダメージは受けません。

父・善作(小林薫)は高級料亭「吉田屋」に
集金に行くように言いつけます。

「吉田屋」は同級生・吉田奈津(高須瑠香)の家です。

★小林薫さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

カーネーション あらすじ 第1週

カーネーション あらすじ 第1週「あこがれ」
は10月3日(月)放送です。

大正13年9月の岸和田。
今日はだんじり祭りの日。

【送料無料】岸和田だんじり祭...

【送料無料】岸和田だんじり祭...
価格:1,680円(税込、送料別)


朝、父の善作(小林薫)が出かけます。

11歳の小原糸子(二宮星)は元気
いっぱいに見送ります。

母・千代(麻生祐未)、祖母ハル(正司照枝)
と子どもたちが待ち構えていると、そこに
だんじりがやって来ます。

祭りの花、「大工方(だいくがた)」は近所に
住む青年・泰蔵(須賀貴匡)が務めます。

大工方がだんじりの上でうちわを手に華麗に
舞っています。

その姿を見た糸子は憧れを持ちます。

祭りも終わり、いつもの生活に戻ります。

が、糸子の頭の中はだんじりのことでいっぱいです。

★岸和田だんじり祭に関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。