So-net無料ブログ作成
広告スペース

おひさま あらすじ 26週

明日はいよいよ日向子(曽我美月)の入学式です。

真知子(マイコ)に育子(満島ひかり)、良一(寺脇康文)
、茂樹(永山絢斗)、富士子(渡辺美佐子)が
お祝いにやって来ます。


入学式を迎えた日名子に付きそう陽子(井上真央)、
和成(高良健吾)を徳子(樋口可南子)、道夫
(串田和美)みんなで見送ります。



陽子(若尾文子)の話はここで一段落します。

と、そこへ現れたのはなんと育子と真知子!

現代の育子と真知子は・・・・・

★黒柳徹子さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 26週

おひさま あらすじ 26週は「すべての母より」。
第155回は9月30日(金)放送です。

陽子(井上真央)は日向子(井上琳水)の腕に、
やけどを負わせてしまいます。

母親として一生忘れられない
恐ろしい失敗です。


陽子は思いつめて自分も同じ痛みを
体験しようしますが、和成(高良健吾)
はたしなめます。

子供にとって親の悲しい顔を
見るのはとてもつらいことです。

数日して、日向子は「もう大丈夫だよ!」
と腕を回してみせます。


それから3年が経ち、陽子はそば打ちが
とても上手になりました。

安曇野町は町長選挙を迎えます。

町長の相馬(平泉成)の対立候補はなんと女性。

★安曇野の食に関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 26週

おひさま あらすじ 26週は「すべての母より」。
第154回は9月29日(木)放送です。

浜松に行ったはずの節子(白川由美)が松本にいます。
なんでも節子の周りは堅実なサラリーマンばかり。


ついには面倒になって、徳子(樋口可南子)とやりあった
丁々発止が懐かしい松本に来てしまいます。

道夫(串田和美)は、三男でだったので田畑を
継ぐことは出来ませんでした。

しかし、今そば畑を持っています。
つくづく幸せ感じています。

良一(寺脇康文)は東京へ行くことにします。

富士子(渡辺美佐子)も安曇野で一緒に暮らす
ことを持ちかけるためです。


今ある幸せ、昔そこにあった幸せ、これから作る幸せ。

幸せは意識しないとつかめないようです。


★白川由美さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 26週

陽子(井上真央)と茂樹(永山絢斗)にきちんと
話がしたいという良一(寺脇康文)。

良一は「自分の子どもとしてでなく、人として好きだ。
尊敬している」と二人に話します。


杏子(金澤美穂)が警察に保護されます。

松本の駅前で似顔絵を描いていたそうで、
節子(白川由美)が連れて帰ってきます。

すねかじりの杏子は、少しでも家計の足しに
したかったようです。

そこで、陽子は百白花で似顔絵描きを仕事として
受けることを考えます。

それにしても浜松にいるはずの節子が
どうして松本に?

変です・・・・・


★似顔絵に関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 26週

良一(寺脇康文)が自宅に帰って来ます。

陽子(井上真央)は、生きて帰れるのは母・紘子(原田知世)
と兄・春樹(田中圭)のおかげだと信じています。


しかし、老いた良一との別れの日はいつか必ず来ること、
やがて自分も老いていく日が来る、などと
考えていると胸が締め付けられます。

相馬(平泉成)が良一のために栄養分たっぷりの
ものを集めて持ってきます。

早く元気になって欲しい。自分が中央へ出馬した時は、
安曇野町長の後継者になって欲しい、といいます。

良一は陽子と茂樹(永山絢斗)にきちんと話が
したいと言います。


おひさま 26週「すべての母より」って、
いいタイトルですね。

人生の大きな節目、死という別れがあります。
誰もが通る、さけては通れない人生の節目。

親は死なないものだと思っていました。
でも、その日はやって来ました。

死を通して生を考え、生を通して死を考えました。

いろんな感情が沸き上がって来ました。


★平泉成さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 26週

おひさま あらすじ 26週は「すべての母より」。
第151回は9月26日(月)放送です。

良一(寺脇康文)は同じ映画を観るためにひとり
毎日映画館に来ています。


亡くなった妻紘子(原田知世)の記憶をたどるように。

陽子(井上真央)は良一の寂しさを思うと、
いたたまれなくなります。

良一の容態は相変わらず危険な状態が続いています。

茂樹(永山絢斗)は一緒にいながら、全く気付かなかった
ことにひどく責任を感じています。

明け方に最初に目を覚ました良一。

いつの間にか眠っていた陽子と茂樹と和成(高良健吾)。

良一は3人を起こします。

★原田知世さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。