So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」
8月27日(土)第126回のあらすじです。


川原(金子ノブアキ)は春樹が戦死したことを
知って驚きます。

また、川原自身が陽子(井上真央)の初恋の
人だったことも。

翌朝、川原は置き手紙をして丸庵を後にします。

川原は満州につれて行ったタエが死んだことを
ひどく後悔しています。

そんな川原を見て、和成(高良健吾)は「タエが
どんなに幸せそうだったか話してやるべきだ」と
陽子にいいます。

陽子は川原に伝えるため、安曇野へ向かいます。

和成は何を思ったのか、ハーモニカを取り出します。
そして、かつて陽子が聞いた川原のあのメロディ
「月の沙漠」にトライします。

おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」で帰って
来た川原もまた深い傷を負っているようです。

川原に笑顔を取り戻すのも陽子の役目かな?

★月の沙漠に関連するCD・DVD・楽器を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」。
8月26日(金)放送、第125回です。


暗い表情をした男性客が丸庵に入って来ます。

それは、陽子(井上真央)が初めて好きになった男性、
川原(金子ノブアキ)でした。

丸庵では宝くじを話題に賑わっています。

すると、川原は酔って周囲の人に八つ当たりした
あげくに意識を失います。

川原にとって、戦争がまるでなかったかのように、
はしゃいでいる感じがして面白くなかった
のかもしれません。

和成(高良健吾)は川原が春樹の親友だった
ことを聞きます。

そして、春樹が戦死したことを川原はまだ
知らないのでは?と心配します。

陽子はそんな和成に川原は初恋の人だった
ことを打ち明けます。

おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」でやっと、
満州に行った川原が無事に帰って来ました。

★金子ノブアキさんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじ 21週は「ひなたの夢」。
8月25日(木)第124回です。


家族と散歩中の陽子(井上真央)。「皆の夢は
何ですか」と家族に質問をぶっつけます。

「生きているだけで、ありがたい時期から、未来を
考える時期になった」。

陽子はそう感じていました。

陽子には、おぼろげながら夢があります。
それは、教え子や友達やいろんな人が集まれる
場所を作ること。

道夫(串田和美)の夢は自分のそば畑を持つこと。

徳子(樋口可南子)は違うところに住むこと。

和成(高良健吾)は自分の夢よりも皆の
夢に一緒にいたい。

一つの家族にも三人三様の夢があります。

★おひさまの本・雑誌・コミックを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」。
8月24日(水)第123回放送。


「お父様のことをずっと好きでいたいから、
離れて生きていきたい」。

真知子(マイコ)の父・相馬(平泉成)は娘に言われます。
気落ちした相馬は良一(寺脇康文)にこぼします。

秦野(中村竜)によると「うちは男女同権で真知子とは、
よくケンカする」のだとか。

また、2人の夢は自分たちの会社を興すことだとも。

陽子(井上真央)にはそんな2人が新しい時代の
人に見えます。そして、なんだか取り残された
ような孤独感を味わいます。

陽子は家族で散歩している時、突然みんなに
質問を投げかけます。

★平泉成さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじは第21週「ひなたの夢」です。
8月23日(火)、第122回放送のあらすじです。

中村竜 / Down The Line-...

中村竜 / Down The Line-...
価格:1,653円(税込、送料別)


真知子(マイコ)から陽子(井上真央)に
電話がかかってきます。

真知子の話を聞いて陽子はラジオをつけます。すると、
ラジオから育子(満島ひかり)の声が聞こえてきます。

なんとそれは政府の失業者対策に対する育子がした
大演説の街頭録音です。

また、真知子は陽子に結婚することを報告します。
真知子は、結婚式は挙げない、今 秦野(中村竜)が
住んでいる部屋にそのまま住む と言うのです。

そして、引越した日に秦野と真知子の2人だけで結婚の
乾杯をするのだとか。ただ、陽子には来てほしいのだ
と真知子は言います。

そして陽子は、真知子の伴侶となる秦野に、
うやうやしく頭を下げるのです。

「真知子をよろしく」。


おひさま あらすじ 21週「ひなたの夢」では再出発した
人が夢を持って生きようとしています。

★中村竜さんに関連する商品を楽天市場で探す★/a>
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 21週

おひさま あらすじは第21週「ひなたの夢」に入ります。
8月22日(月)第121回放送のあらすじです。


昭和も25年となり、丸庵では本物のそばを出せるように
なりました。

そう、こんにゃくを混ぜなくてもいい、純粋なそばです。

陽子(井上真央)と和成(高良健吾)はサラリーマンを
辞めています。

家族が丸庵で一緒に働いていけるようになりました。

日向子(井上琳水)も3歳になりました。
早いでしょう!

日向子は「おいでなさんし」とお客さんに挨拶します。
だからお客さんにも、かわいがられています。

夜の教室の生徒、ケイコ(石橋杏奈)は陽子が
勤めていた会社の後任になります。

ケイコは事務を立派にこなし、良子(紺野まひる)の
下で日増しに経理の実力をつけています。

丸庵ではついに電話が付きます。

おひさま あらすじは第21週「ひなたの夢」では
陽子の周りの人たちに夢が巡ってきそうです。

★石橋杏奈さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。