So-net無料ブログ作成
広告スペース

おひさま あらすじ 20週

おひさま あらすじ 第20週「女たちに乾杯」は
8月20日(土)第120回のあらすじです。


育子(満島ひかり)は自分の居場所を東京の小さな
出版社にを見出だします。

茂樹(永山絢斗)は医者になるべく医学専門学校の
受験勉強に一生懸命です。

合格まで何年かかるか分からない茂樹は「日向子の
同級生になってしまうのでは」と陽子(井上真央)に
冷やかされます。

それでも茂樹はご機嫌です。

ある日、村上堂のカヨ(渡辺えり)と貞夫(斉木しげる)が、
2人で丸庵にやって来ます。

突然の訪問になに用かと思えば、カヨは陽子の夜の
教室に参加するのが目的です。


おひさま あらすじ 第20週「女たちに乾杯」は今度は
村上堂のカヨに乾杯のようです。

★渡辺えりさんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 20週

おひさま あらすじ 第20週女たちに乾杯」
8月19日(金)放送の第119回のあらすじです。


陽子(井上真央)はつねづね、職場の良子
(紺野まひる)のことを職場でつきあい
にくいと感じていました。

ところが、その良子が竹内(野間口徹)の職務怠慢を
とがめ、陽子(井上真央)をかばいます。

陽子が誠実に仕事していることを理解しているのです。

この良子は陽子と同じように、出征前日に祝言。
しかし、夫は戻って来ませんでした。

良子の話しを聞いて陽子は涙ぐんでしまいます。

丸庵ではそば粉がわずかながらも、手に入るようになります。
そして、陽子もそばの作り方を習うことになります。

陽子を指導するのは、徳子(樋口可南子)です。

★野間口徹さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 20週

おひさま あらすじ 第20週「女たちに乾杯」
8月18日(水)第118回のあらすじです。


丸庵で夢中になってそばを食べていた1人の
女性客(安藤サクラ)。

陽子(井上真央)の帰宅を心待ちにしていたその女性客は、
タケオ(柄本時生)の嫁になるミツです。

ミツは陽子の顔だけ見て帰ろうと思っていたところ、
話がしたくなったようです。

ミツは隠し事をしたくないタケオから、陽子への
気持ちを聞いています。

それでミツは陽子の顔を見に来たのですが、幸せそうな
陽子の様子に「どうでもよくなった」のだとか。

ミツは「負けないで幸せになる」と言います。陽子も
「私だって負けません」と返します。

こうして、陽子にまた1人友達が出来ます。

おひさま あらすじ 第20週「女たちに乾杯」で、
どんな乾杯が見られるのか?楽しみです。

★乾杯に関連するキッチン用品・食器・調理器具を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 20週

おひさま あらすじ 第20週「女たちに乾杯」
8月17日(水)第117回のあらすじです。


進駐軍に振舞うために持ち込まれたそばの
食材が余っています。

道夫(串田和美)はこれを使ってうまいそばを
出したいと思っています。

それをしっかり承知しながら和成(高良健吾)は
道夫に提案します。

「限られたそば粉を大勢の人に出すため、我慢して
こんにゃくに混ぜては」と。

道夫は和成が成長していることををつくづく感じます。

タケオ(柄本時生)の嫁が決まります。
タケオは良一(寺脇康文)と茂樹(永山絢斗)に報告します。

その頃、丸庵では1人の女性客(安藤サクラ)が
夢中になってそばを食べています。

陽子(井上真央)が帰ってくると・・・・

おひさま あらすじ 20週でやっと、タケオの嫁が
決まりました。嬉しいですね。

★安藤サクラさんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 20週

進駐軍にそばをふるまって欲しいという役場の
助役(つまみ枝豆)の依頼。


和成(高良健吾)が出した条件は「良いそばが手に入るなら」。

これに対し、役場の助役はそれは豪華な材料を揃えます。
それを見た道夫(串田和美)をその豪華さにため息をつきます。

さあ、いよいよ和成と道夫の勝負が幕を開けるその時。

なんと道夫はすべりこけて、怪我をしてしまいます。
やむなく代わりに徳子(樋口可南子)がそばを打つことに。

豪華な材料で作られたそばを、進駐軍の兵士達は
「おいしい」を繰り返します。

でも、丸山家の人々は沈んだまま。進駐軍には
その気持ちが分かる筈もありません。そばは、
たくさん残っています。

そんな空気の中、進駐軍の男が和成に腕相撲の
勝負をしようと申しこんできます。

おひさま あらすじ 20週「女たちに乾杯」には
徳子の活躍が早くも見られます。

丸山家の男たちはここと言う時に弱いのでしょうか?

★つまみ枝豆さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 20週

おひさま あらすじ 20週「女たちに乾杯」に入ります。
8月15日(月)第115回のあらすじです。

【送料無料】ウルトラマンゼロ THE MOVIE...

【送料無料】ウルトラマンゼロ THE MOVIE...
価格:3,591円(税込、送料別)


陽子が始めて間もない夜の学校に新しい
参加者が現れます。

ケイコ(石橋杏奈)に連れられて来たのは、
ハナ(土屋太鳳)です。

ハナは交通事故に遭ったため、足に後遺症があります。
それでもハナは懸命に工場で働いています。

陽子(井上真央)はケイコとハナの2人に本棚に
ある本を好きに選んで読書することを勧めます。

役場の助役(つまみ枝豆)が丸庵にやって来ます。
進駐軍にそばをふるまってほしいという依頼です。

陽子たち家族は和成(高良健吾)の気持ちを気遣います。
進駐軍は和成がかつて命をかけて戦った相手です。

しかし、和成は「グッドテイストと言わせたら勝ちだ」と
言って、この依頼を引き受けます

おひさま あらすじ 20週の始まりは和成の再出発の
ようにも思えます。

受けて立つ和成の心意気が見ものです。

★土屋太鳳さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。