So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

おひさま あらすじ 17週

おひさま 17週「夫婦になる」 7月30日(土)
第102回のあらすじです。


陽子(井上真央)は日向子を村上堂のカヨ(渡辺えり)に
預かってもらうことにします。

カヨは貞夫(斉木しげる)と一緒になって、おむつを替えたり
あやしたり。楽しそうです。

カヨは日向子を連れて昼休みに学校にやって来ます。陽子は
日向子にお乳をあげています。カヨはその様子を見守っています。

夏子(伊藤歩)は陽子にしっかりと助言します。
「甘えられる人には甘えなさい」と。

少しばかり気持が沈んでいた和成(高良健吾)。徳子(樋口可南子)に
くよくよするな、と言われて気を取り戻します。

そして帰って来た陽子と日向子を温かく笑顔で迎えいれます。

おひさま あらすじ 17週の最後です。
怒ったり笑ったり、悲しんだり喜んだり。
夫婦って、いいですね。

★伊藤歩さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 17週

おひさま 17週「夫婦になる」 7月29日(金)
第101回のあらすじです。


茂樹(永山絢斗)は兄・春樹が残して逝った医学書を読みますが、
全く歯が立ちません。

そんな茂樹に育子(満島ひかり)は言います。「簡単じゃないが、
頑張れば医者になれるんじゃないの」と。
そして、東京へと旅立って行きます。

陽子(井上真央)と和成(高良健吾)は日向子を連れて
実家の須藤家に帰ってきます。

幼い子供が来るとよく見られる光景があります。
それは日向子の前で、誰もが思い切りする「ベロベロバー」。

昔かたぎの良一(寺脇康文)にとっては何か抵抗があって、
この「ベロベロバー」がなかなか出来ずにいます。

ある日、和成が突然発熱し学校に日向子を連れて行けません。

★寺脇康文さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 17週

おひさま 17週「夫婦になる」 7月28日(木)
第100回のあらすじです。


和成(高良健吾)は戦地から生きて帰って来られたのは
運がよかっただけだと痛感していました。

だから、これからは自分の家族のために生きて
行きたいと思っていました。

ところが、授乳のために日向子を連れて学校へ行くのは
「みっともない」と陽子(井上真央)に言われたような
気がしました。だからついつい怒ってしまいました。

陽子にしてみれば、和成は優しすぎるようで不安でした。
と言うのも、優しい人ほど悲しい目に遭いやすいと
知っていたからです。

和成と陽子が経験する初めての夫婦喧嘩。若い二人の夫婦喧嘩は
絆を強くして行きそうなものですが。

おひさま あらすじ 17週「夫婦になる」では分かっているようで
実は分かっていない相手のことに気づかされます。

★夫婦喧嘩の本・雑誌・コミックを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 17週

おひさま 17週「夫婦になる」 7月27日(水)
第99回のあらすじです。

【送料無料】斉藤由貴 ヴィン...

【送料無料】斉藤由貴 ヴィン...
価格:2,520円(税込、送料別)


正月休みも終わり、陽子(井上真央)はまた先生の
仕事に復帰します。

子供達にとっては待ちに待った陽子先生の復帰。元気いっぱいに
明るく陽子を迎えます。

お昼休み。和成(高良健吾)が学校にやって来ます。
日向子をおぶっています。これから毎日連れてくるつもりのようです。

和成は勤務先の了解まで取り付けました。
そう、日向子の授乳のためです。

しかし、校長(矢島健一)はそんな和成に対して冷淡です。

陽子は自然に「和成に負担をかけるのが申し訳ない」と
思ってしまいます。ところが、以外にも和成はこの言葉が
気にいらなかったようで、怒ってしまいます。

おひさま あらすじ 17週のテーマは「夫婦になる」。
いよいよ、夫婦の成り立ちに入り込んでいきます。
斉藤由貴さんも登場ですよ。

★斉藤由貴さんの楽譜を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 17週

おひさま 17週「夫婦になる」 7月26日(火)
第98回のあらすじです。


丸庵では年越しそばの時期を迎えます。
和成(高良健吾)は一工夫を加えたこんにゃく麺の
年越しそばを考えだします。
そして、丸庵はこんにゃく麺の年越しそばで賑わいます。

富士子(渡辺美佐子)も丸庵での接客にすっかり
慣れてきました。が、「孫やひ孫にいつか甘えられるよう、
これ以上甘えた人間になりたくない」と言い出し、
年越しをけじめに東京へ帰ることに。

戦時中に店を閉めた村上堂がまたお店を始めます。
あの懐かしいカヨ(渡辺えり)と貞夫(斉木しげる)が戻ってきます。

育子(満島ひかり)と真知子(マイコ)と陽子(井上真央)が
2人のもとに集まります。賑やかな、そして青春の思い出が
沢山詰まった村上堂の復活です。

陽子もまた職場へ復帰する日が近づいています。

★渡辺えりさんの本・雑誌・コミックを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 17週

おひさま 7月25日(月) 第97回のあらすじです。
おひさまは今日から第17週「夫婦になる」に入ります。

堀北真希/高良健吾/白夜行(Blu-...

堀北真希/高良健吾/白夜行(Blu-...
価格:4,935円(税込、送料別)


和成(高良健吾)の優しさに浸っているさなかに、
陽子(井上真央)は急に陣痛が始ります。

和成(高良健吾)は陽子に付き添い助産院へ。
何も出来ずただ祈ることしか出来ない和成のもとへ、
徳子(樋口可南子)、道夫(串田和美)、
富士子(渡辺美佐子)が駆けつけて来ます。

そして、生まれます。女の子です。

一方、安曇野の須藤家には、育子(満島ひかり)が来ています。
育子(満島ひかり)は良一(寺脇康文)と茂樹(永山絢斗)
のために料理の腕をふるっています。勿論、料理の定番、
ライスカレーです。

そこへ電報が届きます。そう、陽子出産の電報です。
3人は大喜び!

みんなが待っていたこの子の名前は日向子(ひなこ)。
日向(ひなた)の子と書いて、日向子(ひなこ)。
女の子らしい、そして明るく優しい響きを持っています。

★高良健吾さんの本・雑誌を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。