So-net無料ブログ作成
検索選択
広告スペース

おひさま あらすじ 16週

おひさま 7月22日(金) 第95回のあらすじです。


茂樹(永山絢斗)はタケオ(柄本時生)の家の畑を
手伝っています。そこで採れた野菜を丸庵へ。

道夫(串田和美)もどうにかそば粉を調達し、丸庵の
食卓は賑々しくなります。

陽子(井上真央)はふとしたことから兄・春樹(田中圭)
を思い出します。ウエットになる陽子。和成(高良健吾)は
敏感にそのことを感じとります。

いよいよ、陽子は産休に入ります。小学校に行くと、
校長の萩原(矢島健一)は嫌みを言います。

だけど陽子は全く気にしません。そして、いよいよ子どもたちに、
別れを告げる段になると、やはり辛い感情に襲われてきます。

おひさま 16週は陽子がお母さんになる前段階を丁寧に
そして様々な感情を交えて展開してきました。

おひさまの17週がまた楽しみです。

★田中圭さんのCD・DVDを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 16週

おひさま 7月21日(木) 第94回のあらすじです。

永山絢斗/ソフ...

永山絢斗/ソフ...
価格:4,935円(税込、送料別)


育子(満島ひかり)と真知子(マイコ)が
丸庵にやってきます。2人とも陽子に何か話したい
ことがありそうです。

真知子(マイコ)は、なんと職場の同僚から求婚されます。
真知子によると、相手はとても良い人、だけど断ったのだとか。

今は恋なんかするよりも、3人だからこそ出来るこんな話をするのが、
自分の戦後の始まりだと言います。

育子(満島ひかり)には、父親が縁談を持ってきます。
しかし、東京で仕事をしたい育子はこれを断ります。

丸庵では夕食の支度中。そこへ茂樹(永山絢斗)が訪ねてきます。
すると、育子は茂樹のことを陽子(井上真央)の兄ではなく、
弟扱いしてしまいます。

おひさま 第94回では戦後の平和を噛みしめる出来事が
あちらこちらにでてきます。あらすじでも楽しめます。

★永山絢斗さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 16週

おひさま 7月20日(水) 第93回のあらすじです。


一週間分の材料をすべて使ってしまった富士子(渡辺美佐子)
は陽子(井上真央)にしかられます。

でも、富士子は家族同然に扱ってもらったことに
幸せを感じます。

富士子(渡辺美佐子)は徳子(樋口可南子)とすっかり
意気投合し、丸庵の接客の手伝いに入ります。

富士子の丁寧な物腰はそば屋の丸庵にはちょっと
似合いません。当然お客も面喰いますが、富士子は、
満足そう。

そんな中、育子(満島ひかり)と真知子(マイコ)が
丸庵にやってきます。2人とも陽子に何か話したい
ことがありそうです。

おひさま あらすじ 16週は富士子(渡辺美佐子)の
魅力がいっぱいです。

★渡辺美佐子さんのCD・DVDを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 16週

おひさま 7月23日(土) 第96回のあらすじです。


陽子(井上真央)は産休のため、いよいよクラスの子どもたちに
別れを告げます。

子どもたちは陽子のおなかの子どもに、皆がそれぞれの
思いを込めて話しかけます。そして、陽子を明るく
元気に送り出してくれます。

一方、徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)は、
富士子(渡辺美佐子)を松本案内しようと、一日 日をとります。

お陰で陽子と和成(高良健吾)は久しぶりに2人きりに。

ひしひしを周囲の期待を感じている陽子は「頑張る」と
気負っています。そして和成は言います。

感謝はしても、あまりそれを背負いすぎないようにと。

陽子は和成の優しさをとても嬉しく感じます。
そんな時、陣痛が始まります。

おひさま 16週のクライマックスです。
子が孫がそしてひ孫が生まれてきます。

★井上真央さんのレディースファッションを楽天市場で探す★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 16週

おひさま 7月19日(火) 第92回のあらすじです。


夫を亡くした祖母・富士子(渡辺美佐子)の寂しさを察して
いた陽子(井上真央)「一緒にいたい」と言います。

富士子(渡辺美佐子)はこの申し出に驚きますが、
「お世話になります」と頭を下げて受け入れます。

徳子(樋口可南子)たちも、しばらくは一緒に暮らせることに大喜び。

富士子は皆の好意に感謝の気持ちを表したいと思います。
そして感謝を込めて、皆の朝食を作ります。

ぜいたくな料理を作って並べていきます。しかし、これを見た
丸山家の女性たちは驚き、困惑します。

と言うのも、丸山家の一週間分の材料をすべてを使って
作られた料理だったからです。

おひさまのあらすじ 16週では富士子(渡辺美佐子)の
人柄に触れることが出来そうです。

★華族制度に関連する商品を楽天市場で探★
トラックバック(0) 

おひさま あらすじ 16週

おひさま 16週 7月18日(月) 第91回のあらすじです。


陽子(井上真央)の祖母・富士子(渡辺美佐子)が
お祝いを持って安曇野にやって来ます。

陽子(井上真央)は夫を亡くした富士子の寂しさ
を察しています。

そして富士子(渡辺美佐子)に「子どもが産まれるまで、
丸庵に滞在してほしい」と言います。

徳子(樋口可南子)もこれに賛成しますが、富士子には
子爵夫人という気位もあり、ストレートに受け入れて
くれるとは思えません。

なんとか陽子の思いを実現したい和成(高良健吾)は
一計を案じます。それは「運転手の神蔵(中原丈雄)が
腹痛を起こし、やむなく滞在する」というストーリーです。

夫を亡くした寂しさとひ孫が生まれてくる嬉しさが
入り混じった富士子の胸中。それを知る神蔵は
一世一代の大芝居に励みます。

やっと、待ちに待った祖母・富士子が現れました。
初めて会った時から、なんとなく親しみや近しさを感じていたので、
今度はじっくり祖母・富士子に会いたいと思っていました。

おひさまは16週に入り、あらすじがもっと楽しくなりそう。

★渡辺美佐子さんに関連する商品を楽天市場で探す★
トラックバック(0) 
Copyright © まーちゃんの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。